重宝するWEB制作ツール

web制作を早くするツールを紹介記事一覧

機能が向上したことにより、パソコンを使用した作業はますます高度化され、複雑になってきていますが、やはり基本になるのは文書やメールを作成したり、プログラミングを組むといったテキストを入力する作業です。また、かつてのコンピュータとは異なりクラウドを駆使する機会も増加したことから、それまではネットサーフィンを楽しむだけであったブラウザがツールとなり、あらゆる作業をブラウザ上で行うことも一般的になりつつあ...

ホームページはインターネットに接続した状態であればwebサイトにアクセスが可能になり、ブラウザ上にホームページが表示されます。インターネットの接続を切り離した場合でも、アクセスをしているページについては表示状態が続きますが、リンクをクリックして他のホームページを表示しようとすると、インターネットの接続がないため、ページを表示する事が出来ません。ちなみに、インターネットの接続が行われていない状態でも...

web制作を行う上で、テキストエディタとブラウザと画像編集ソフトがあれば、一通りの事を始められますが、ページ数が増えたり、サイトに機能を追加したりしたい時に専用のツールがあれば、より効率的に作業が行え、エラーの発見を早めて問題点を改善していく事が出来ます。Webサイトのデザインは、CSSという言語を使って設定されるのが標準になっています。このCSSは、Webオーサリングツールなどを使う事で直感的に...

社会が情報化した今日においては、情報を報知するためにweb制作を講じることが主流ですが、膨大な数のウェブサイトに埋もれてしまわないようにオリジナリティを出すのは至難の業です。大勢の注目を集めて繰り返し見てもらえる作品を作るためには、やはりライバルよりも突出した様子を感じてもらうしかなく、そういった時に頼らざるをえないのが良質な素材です。一言でweb制作における素材と言っても、画像やイラストなど様々...

ウェブサイトを作成する時はHTMLのバリデーションをすることになりますが、英語のスペルを誤ったり不要なスペースが入ってしまうことにより正しく機能しないことがあります。しかも、逐一バリデーションを行うことが手間に感じられてしまうこともあり、誤りに気づかないまま作業を進行してしまい、悪循環に陥ることが珍しくありません。ウェブサイトを作成するソフトウェアやプログラムを構築するアプリを利用しているのなら入...

Webツールには、様々なツールがあり、便利なツールのおかげで仕事がやりやすくなっている人は多いです。最初は、ゼンコーディングという名前で公開されていて、その後エメットという名前で公開されているツールが話題を呼んでいます。エメットは、HTMLやCSSのコーディングをサポートするプラグインです。このプラグインを導入することで、独自の省力記法でHTMLタグを展開することができるようになります。また、テン...

web制作ツールには様々なものがありますが、その中でも特にスクリーンショットを撮りたいときに便利なのがLightShotです。インターネットの閲覧をしていると保存しておきたい文章や画像に出会うことがあります。そういった場合、通常であればコピーアンドペーストなどで対象を複製しますが、今表示されている画面を丸ごと保存したい場合にはスクリーンショットを使用する方が多いでしょう。とはいえ元から標準機能とし...

web制作を行ってサイトをサーバ上で公開する上で、ファイルの配布を行う事があります。画像ファイルが複数あって、一つのファイルに纏めておけば、サイトにアクセスした人々は圧縮ファイル一つだけダウンロードすれば良いです。制作ツールで作成したWebサイト関連のファイルをチームや部署などで受け渡しをしたいのであれば、圧縮ファイルにしておくと便利に受け渡しが行えます。しかし、圧縮ファイルは、ネットワークやイン...

テキストエディターは、web制作者やプログラマーなどが常に使うソフトウェアです。その為、使い勝手が良いテキストエディターを選ぶ事が重要です。最近人気が高いソフトウェアの一つがSublime Text3です。このテキストエディターは、無料で使う事ができ、web制作に適した補完機能など多彩な追加機能が用意されています。多機能で使いやすい事から多くのweb制作者から支持されています。Sublime Te...

web制作を手掛けるために必要な事の一つに、HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語に対するスキルが挙げられます。HTMLはホームページの記述言語、タグと呼ばれている要素を使い、文章をタグで囲んで記述を行うものです。CSSはカスケードスタイルシートの略語で、ウェブページのデザインを作るためのもので、HTMLのタグに直接記述を行う方法、タグにCLASS属性を設けて、HTMLページの先頭に記述...